進路指導

生徒の将来を熟慮して適切にアドバイスする進路指導

生徒との個別面談や保護者への説明会。そして、大学や社会に出ている卒業生や、各大学の関係者にも来校していただいてお話を伺う機会を設けながら、段階的かつ具体的に進路を明確にしていきます。

また、生徒のモチベーションをより高めるために内部進学した先輩の話を聞くなど、短期達成目標を明らかにしながら、 最終的な長期目標を達成していく後押しを行います。

中学

先輩の話を聞く会と授業アンケート

6カ年という年月を前に中学生が皆、自分の進路について明確な目標を持てているわけではありません。そこで6カ年一貫校のメリットを生かして、教員とは別の角度から、内進生(高1)の先輩から中学時代の歩みと現況を聞く会を設けています。実は彼らも同様な経験があるため、自分の失敗談も含めて後輩たちの不安にしっかりと光をあて、払しょくしてくれます。教員も生徒の生の声を反映した授業アンケートを行い、自らの授業の更なる改善を試みて、生徒の学習支援をしていきます。

“Step by Step”

中学生としての生活を自分で管理する力も、進路実現に向けて身につけてほしい能力です。本校ではオリジナルの生活と学習の記録帳“Step by Step”と“Classi”を利用し、学習した内容、宿題、読んだ本、その日の主なニュースなどを意識的に記録させています。また、それを学校と家庭とで定期的に点検して学習が定着する生活へと導きます。

高校

卒業生の話を聞く会

誰よりも身近な「先輩」の体験談を聞くことで、先輩達も今の生徒と同じ悩みや不安があったことを知ります。そして、その解決と目標達成へのプロセスを学んで、安心と自信を得ることが出来ます。

職業を聞く会

自分の将来の1つの到達点としての社会人の方の話を早期に聞くことは、社会に対する視野を大きく広げることに役立ちます。同時に、そのプロセスの一つとなる大学進学の意義を明確にして、目指すべき方向性をはっきりさせます。