保健室

学校伝染症(インフルエンザ等)の発生に伴う対応について

◆伝染病(インフルエンザ等)と診断された場合は、速やかに学校に報告してください。

生徒が感染症と医師より診断された場合、本人の安静と集団への感染・流行を防ぐため、出席停止(欠席扱いとしない)となります。医師より診断された内容を担任に連絡し、医師の許可があるまでご家庭で安静にしてください。

なお、治癒後の登校については必ず医師の診断を受け、【学校伝染病罹患報告書・登校許可証明書】を医療機関で記入していただき、登校許可をもらってから登校してください。【学校伝染病罹患報告書・登校許可証明書】担任まで提出してください。

【登校許可証】ダウンロード(PDF)

※許可証は学校でも配布しています。

◆日常生活におけるインフルエンザ予防策

  • 手洗い・うがいをこまめに行ってください。
  • 「咳エチケット」を心がけてください。
  • インフルエンザ様症状がある場合は、マスクを使用してください。
  • 体調の悪いときは体温計で計測してください。
  • 登校前の時点で、37.5℃以上の発熱,インフルエンザ様症状がありましたら、 登校を控え、医療機関に受診し、適切な治療を受けてください。

◆状況においては、学校長より緊急で学級閉鎖・学年閉鎖・休校措置をとる場合がございますので、ご了承下さい。