理系先進コース

理系先進コースでは、世界の理数教育の主流である「STEM教育」を基盤に、到来するAI時代に即した「考える」授業を展開し、数学と理科の専門的な力を伸ばしていきます。

理系のリーダーの育成

科学技術が進歩し社会が発展するに伴い、社会の抱える問題も高度かつ複雑になっていきます。これからの「理系のリーダー」には問題を俯瞰的に捉え、様々な切り口で考えて解決策を練る姿勢が求められます。そこで本校では、STEM教育【Science( 科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合した教育】を導入し、国内はもとより、世界の抱える諸問題を解決できる人材の育成に努めていきます。

STEM教育とは

科学、技術、工学、数学の各分野を「相互横断的」に学び、学んだことを「実際の生活に応用」することを目的とした教育です。各科目を並列的に相互に関連したものとして学び、実践することで、明確な答えのない問題を多角的に考え、解決法を探る力を養います。

STEM教育実践

国内のSTEM教育の総本山である、埼玉大学STEM教育研究センターとの共同授業を行います。高校3年間通してのSTEM教育は日本初の試みです。その授業を軸としつつも理系科目はもちろん、文系科目においてもSTEM的な思考を取り入れ、様々な分野に関する深い見識とそれらを組み合わせる応用力、および社会的な倫理観を持った人材を育成します。