資料請求・お問い合わせ

その他、お問い合わせは下記よりご連絡ください。
学校法人 駒込学園 駒込中学校・高等学校

〒113-0022
東京都文京区千駄木5-6-25
TEL: 03-3828-4141
FAX: 03-3824-5685

企画広報室
TEL: 03-3828-4366
FAX: 03-3822-6833
MAIL: kikaku@komagome.ed.jp

個人情報保護について
本学園は、電話等によりお問合わせいただきました、
氏名、住所、電話番号等の個人情報をお問合わせの対応・連絡のためにのみ利用いたします。

学校長挨拶

Greeting

令和2年度ご挨拶―駒込学園の教育理念と教師像

駒込中学高等学校 校長 河合孝允

本校における―良い先生の3条件―

「先生になる」とは「その学校の(今出会った生徒の)先生になる」ということです。 「抽象的に先生になる」ということではありません。本校の先生は皆「駒込」と云う「理念体の先生」になっていただく事が大切です。 本校の「理念」は「忘己利他=己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり」です。この「利他」の「他」とは「生徒」のことです。 したがって、本校の先生になるとは「無償の精神で生徒に寄り添える先生」になっていただくことを意味します。 本校の「良い先生」の第一条件は「生徒の持つ不安や痛みや悲しみや苦しみにしっかりと寄り添えることのできる先生であるかどうか」なのです。 そして、それを体現できる担任のクラスは、生徒が次のように述べるクラスとなっています。 「5組は一人ひとりの性格が否定されず個性として認め合えるクラスです。四方八方に飛び出している感じがワタグモの雲に似ていると思います。 しかし、いろんな方向に飛び出していても、一つのワタ雲がまとまって同じ方向に流れるように、5組も5組としてまとまり、一緒のゴールに向かいます。 文化祭や体育祭や学習面でも一体感があり、ともに高めあえるクラスです」… 生徒同士が切磋琢磨して成長していかれるクラス。学びの成果はその果実としてもたらされます。 本校が多くの受験生に支持され人気校であるのは、個性を認め合い「異質の認知」のできる校風が「四季の風」となってその心に届いているからです。

学校は本来「学び」を通して「生きる力」を与える場です。昔からその生きる力のスキルは「読み・書き・そろばん」と言われました。 今、ここに「情報活用能力」が加わり「読解力+情報活用能力」がOECDによるPISA型学力観として世界標準化しています。 しかしいつの時代も、子供たちは「苦手な科目」を嫌がります。でも、苦手だからこそ好きにさせなければ授業そのものに「食いついて」きません。 ここで必要とされるのが「商品化力」です。「製品」は売れて初めて「商品」になります。初めから商品ではありません。 「同じ品物」でも年間1億円売りあげる営業マンと、100万円にも届かない営業マンの違いは、その本人の「商品化力」にかかっているのです。 学校も同じです。その先生にかかればGMARCH以上は保証されるという信頼を勝ち得た先生だけが、生徒の信用を得られ、開設した「講座」に生徒が殺到するのです。 決して偏差値で生徒を序列化し追い込むことではないのです。 授業に乗ってこないのは、それは生徒の問題ではなく、教える先生の側の問題です。 学びの目的を、生徒たちがこれから生きて行く未来を保証するスキルとして与えたとき、瞳の輝いた顔が正面を向いてきます。 「人気ナンバーワン」の先生なら1時間目から生徒の顔つきが変わり、飛び込んできます。 本校は全生徒による「授業アンケート」を実施していますが、そのトップテンに入る先生達は皆人気ナンバーワンの先生達です。 「私学の先生」としての条件は、雨の日も風の日も『この先生について行こう!』と決意させる「人間力」を持った先生です。 それを「商品化力」と言うのです。授業力、人柄、生徒理解力、同僚とのコミュニケーション力、それらを合わせた「総合力」のことです。

「International Baccalaureate=国際バカロレア」が提起している「全人教育」としての教育プログラムは次のLearner Profileより成り立っています。 Inquirers・Knowledgeable・Thinkers・Communicators・Principled・Open-minded・Caring・Risk-takers・Balanced・Reflective (探求する人、知識のある人、考える人、コミュニケーションができる人、信念を持つ人、心を開く人、思いやりのある人、挑戦する人、バランスのとれた人、振り返りができる人) 「全人教育」を生徒に与えるには、教員自身が全人教育の体現者でなければなりません。 「指導の良し悪し」は「どう教えるか」だけでなく,「だれが教えるか」によって大きく変わります。 「だれ」とは、教える人間の「全人格・人柄・責任感」を指します。シリコンバレーを立ち上げたビル・ゲイツたちの合言葉がありました。 すべての構成員に「The buck stops here.」を徹底させたのです。「自分の請け負った仕事は役職に関係なく自分の責任で処理(終わり)とする」というものでした。 この合言葉が「高度情報化時代」の幕を切って落としたのです。これを『コーポレーションアイデンテイテイ運動』と呼びました。 そして21世紀型の「STEM教育」が開始されたのです。しかし本邦ではこのSTEM教育の導入が欧米に比して10年の遅れをとっています。 ようやくこの4月からプログラミング授業が小学校から導入され、日本全国の小中学生にPCもしくはタブレット型端末が無償貸与されスタートすると言う現状です。 この遅れを取り戻すのは極めて困難な状況です。指導者が育っていないからです。 本校は「埼玉大学STEM教育研究センター」と提携し「プログラミングを含む探求型授業」を中心とした「理系先進コース」を3年前に立ち上げ、この春第一期生を卒業させています。 この時大切としているのは、スキル教育だけではなく「全人教育」を基盤に置いて、倫理観の高いICT技術を身につけた生徒を育て上げることです。 「古きをたずね新しきを知る」という「温故知新教育」を本校は大切にしています。本校の先生としての条件は、伝統や歴史を大切にしながら「時代に挑戦できる先生」なのです。 以上、本校の先生の三条件を述べてきました。ところで「苦しいときほど友達の価値が分かる」といわれます。今、「コロナ騒ぎ」で大変な新学期のスタートです。 しかし本校はPTAと一体となって「危機管理マニュアル」を持って災害時対応をしてきた学園です。 生徒達の「身体生命」の「安全・安心」を学園関係者総がかりで守り抜いてまいります。苦しいときほど信頼されてこそ私学です。 ご意見、ご要望を忌憚無くお寄せいただければ幸いです。しっかりと頑張ってまいります!

子供達の明日は未来です!

Page Top